長期出張の生活改善その4: スーツケースは、大小2つ持ちが便利だと思う

f:id:kezz50:20170109191647p:plain
長期出張で土日に帰宅する生活をしています。荷物を毎週自宅と出張先ホテルの間で持ち運びをするのがかなりの負荷になります。負荷を軽減するためには大小2つのスーツケースを使い分けると便利です。自分の場合は、ハードスーツケース1つ(4~5泊用 50L)とソフトスーツケース1つ(2~3泊用 30L) を使っています。

ホテルは通常、日曜の夜にチェックインして、金曜日の朝チェックアウトします。チェックインしてからチェックアウトするまではずっと同じ部屋でその間は自分の部屋のように使えます。チェックアウト時は荷物をすべて片付けて部屋を空ける必要があります。大体毎回同じ部屋になるのですが、土日は他のお客さんが泊まるようです。

大きいスーツケース
大きいスーツケースは、毎週自宅に帰るときにホテルに預けてしまいます。中身は予備の洋服、日用品(歯ブラシとかドライヤーとか電源コード等)と会社のカバンです。今は結構余裕がある状態ですが、これから細々と日用品を購入すると思いますのでだんだん余裕は無くなってくると思います。

小さいスーツケース
小さいスーツケースは、ほぼ洋服を持ち歩く用です。ホテルでは洗濯をしません。自宅からホテルに行くときには洗濯済みの洋服。ホテルから自宅に帰るときには、洗濯物を入れて持ち歩きます。持ち歩く前提なのでソフトタイプで軽量なスーツケースにしています。機内持ち込みもOKのサイズです。次回短期の海外旅行に行くときも重宝しそうです。

ちなみに、出張先の勤務で着るスーツは専用のスーツカバンに入れてホテルに預けています。

巨大なスーツケースは不要
実は先月ぐらいまでは、10泊サイズ(80~90Lぐらい)の巨大なスーツケースを購入しようと思っていました。毎週全ての荷物を自宅とホテル間で運ぶことを考えていました。しかしやらなくて良かったです。巨大なスーツケースは、運ぶのが大変です。ホテルや自宅から最寄り駅までの運搬。いくらタイヤがついているからとは言え相当な重さです。自宅から最寄り駅までは急な坂道があります。上りも下りも大汗をかきながら運搬することになっていたかもしれません。あと電車や新幹線の移動でも邪魔になります。荷物棚にも持ち上げられません。
長期旅行や1回だけの長期出張だけの場合を除き大きなスーツケースを買うのはやめた方が良いと思います。