長期出張の生活改善その2:携帯用にドルツのジェットウォッシャーを買ったら巨大だった。パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A

自宅では据え置き型のドルツウォッシャーを使っていました。出張に持ち歩くには大きいので携帯用に一回り小さいジェットウォッシャーを買いました。

写真で見るとコンパクトに見えたのですが、実際は思った以上に大きいです。同じくドルツの電動歯ブラシと比較してみました。
f:id:kezz50:20161213200125j:plain
持ち手の部分に水タンクが内蔵されています。握ると自分の手首を握るぐらいの感覚です。

据え置き型のEW-DJ61-Wと使用感の比較です。
ジェットの強さ
水圧は据え置き型より弱く感じました。食べかすは十分とれます。携帯用はジェットモードで使っています。据え置き型でダイヤルを半分ぐらい回したぐらい時の水圧ぐらいに思えました。ただ、カタログを見ると携帯用のジェットモードと据え置き型のジェットモードダイヤル最大は同じ水圧(約580kPa)らしいです。据え置き型では右側に最大まで回して使っていました。

内蔵タンクの大きさ
小さいです。据え置き型では、1回の水補給で十分足りていました。大体500mlぐらい入れていました。携帯用は130mlしかありません。いつも3回水補給しています。1回の水補給で20~30秒ぐらいです。右側で1回、左側で1回、前歯と全体仕上げで1回ぐらいの感じで使っています。1回ごと水を補給するのはやはり面倒くさいです。1回あたりが短時間で終わってしまって物足りないので水圧も弱く感じでしまうのでしょうか。。

使用後の感覚
据え置き型の使用感には及びません。しかし使用後の爽快感や寝起きに口の中がネバネバしない感覚は据え置き型と同じです。長期出張で1週間程ジェットウォッシャーが使えない期間がありました。その期間と比較すると口の中の状態はとても良くなっています。さすがドルツ。携帯用は若干物足りなさはあるもののお勧めできる商品です。